HA Athlete Club 切断者スポーツクラブ HEALTH ANGELS
 
ヴィーナス・レポート
トレーニングセンター
Sports of Heart
今仙研究所共同開発プロジェクト
エンジョイ義足ライフ
チームを支える方々
年間スケジュール
リンク一覧
枠
夢人島
mani`s Diary
Suzuki Toru WEBSITE
中西麻耶
 
義肢装具サポートセンター
枠
ヘルスエンジェルス事務局へお問い合わせ
新着情報 チーム紹介 活動報告 スケジュール ビーナス・レポート ギャラリー 代表挨拶
お問い合わせ リンク一覧 HOMEへ戻る
骨展にてデモ サイパン2人旅 トレーニングUSA ヨーロッパ遠征 太極拳のすすめ
スノボーは最高        
第3回ヴィーナス・レポート トレーニング in USA〜サンディエゴ編〜
USAトレーニングセンター全景
中西さん こんにちは。初めまして、北海道ハイテクACの中西麻耶です。今回はUSAのトレーニングについてレポートします。
  私は3月末から間にヨーロッパやカナダの大会を挟みましたが、半年間、USAで過ごしました。カルフォルニアのサンディエゴというところに行って来たのですが、天候もとっても良く、カラッとした感じでした。めちゃめちゃ日焼けしましたけどね(笑)
  USAオリンピックトレーニングセンターには全世界から選手が集まってきます。陸上だけではなく、水泳・テニス・アーチェリー・BMX・ソフトボール・バレー・ビーチバレー・ボブスレーの施設がありました。その他のオリンピック・パラリンピックの施設については他の州にあり、USAの広大な土地を感じました。 私の練習パートナーは主に、ボブスレーの選手でした。一番仲が良かったのはMIAで、近くのアウトレットに行ったりと私生活でも仲良くしてくれました。
 
 1週間の流れとしては月・水・金曜日は2部練習で午後は筋肉トレーニング。火・木・土曜日は1部練習。日曜日は休みです。このサイクルを2週続けたら3週目は水・土曜日も休みになります。練習内容についてはここには書けませんが、大体1時間半〜2時間の内容になっています。ON・OFFはっきりしているので練習中はもちろん集中ですが、練習後はリラックスできていたので疲れが蓄積するということはありませんでした。

  食堂はいろんな人との出会いの場であり、会話を楽しんだりしていました。
  私は、主に陸上の選手と一緒に食事をしていましたが、中でもサンディーとは食事について話が合い(彼女は中国人です)これはおいしいだとか、ヘルシーだとかといった話をしていました。確かに一つのおかずが大きいのですが、果物もサラダも充実していて、日本の焼き魚はなく大体がムニエルですが、魚・鶏・牛・豚やパスタ・野菜のソテー・などバイキング形式で特に食事に困ったことはなかったです。 ただ、本当に一つ一つが大きいので最初の方はついつい食べ過ぎてしまっていました。
  デザート類も充実しています。ソフトクリームは無脂肪牛乳ですが、おいしかったです。自分でオレオやチョコチップなどをトッピングできるようになっています。また特徴的なんですが、サンディエゴはメキシコに近く、コックのほとんどがメキシコ人ということでメキシカン料理がおいしかったです。たまにアジアンメニューもあって寿司もでたこともありました。
施設内写真

  施設内にはリラックスルームがあって、そこには卓球台・ビリヤード・パソコンがありました。テレビもあってみんなで一緒に映画を見たりしていました。卓球対決もよくやっていて、私がUSAで初めてした買物は卓球のラケットでした。
  部屋は2人1部屋で私は棒高跳びの選手とシェアしていました。とっても親切な人で日本語の勉強をしてくれたりしていました。居間が一つあってそこでみんなでコーヒーを飲みながら語っていました。お風呂は浴槽にお湯を溜めることもできますが、気候も良いのでシャワーで十分でした。

  私は特に英会話に通っていたわけでもなく、最初は本当に英語が理解できませんでした。しかし、仲間が居たおかげで私は半年間、言葉が100%通じ合えなくても過ごして行くことができました。
 私はもう何度も日本新記録を更新しています。北京にも行きました。しかし、素直に自分を評価してあげることができなかったのです。もちろん満足しているわけではし、いろんな人からの期待や様々な思いを感じていたので満足してはいけないし、まだ喜んではいけないと思っていました。でもとても辛かったのです。
  私はテニスプレーヤーです。テニスがとっても好きでした。自分の足と引き換えてもテニスという私の自分を表現する手段を失いたくなかったのです。しかし、私は陸上に転向しました。本当に苦しかったです。褒めることも喜ぶこともできない。でも私はテニスではなく陸上をしなければいけない。では何のために走るのか・・・。私はとっても悩んでいました。でもUSAで仲間に出会い、陸上の面白さを知り、難しさもしり、そして、私が練習で0.01秒でも1cmでも速く、遠く走り、跳べた時に、ヨーロッパに行って日本新記録を出すたびに、まるで自分のことのように喜んで、そして「good job!」と褒めてくれました。そして私もまた、仲間の活躍に励まされ、感動し、共にたたえ合う。私はいつの間にか、陸上が大好きになっていたんです。こんな素敵な仲間に出会えたことに感謝します。

 今回のUSAトレーニングは私にとって良い半年となり、ロンドンに向けてよいスタートが切れました。世界を知り、世界で戦い、世界で勝ち、そして仲間と共にお互いを認め合い高めあう。私はやっと陸上選手になったのかもしれないです。そして、今、胸を張っていえます。私は一人ではない。みんなと共に戦っているのです。国も人種も関係なく、仲間と共に。もちろんヘルスエンジェルスのみなさんも私の仲間です。共にチャレンジしていきましょう。
  今、私の金メダルへの道は始まりました。きっと険しく苦しい道のりになると思います。夢は叶わないのかもしれません。でも何度でも挑戦しようと思います。大事なのは結果と言うことは分かっているし、結果が出てないのにでかいことを言うのは可笑しいというのも分かっています。でも私達は結果しかみようとしません。本当に大事なのは過程です。苦しくても悩んでも挑戦を続けていく過程なのです。でもその苦しい過程なんて夢が叶ってしまうと忘れてしまうものです。そうやって私達は大事なものを見落としてしまうのかもしれませんね。だから私はその過程を大事にしていきます。みんなより遠回りかもしれないけど、ただ近道をいけば良いというわけではありません。遅くても遠回りでもいいんです。大事なのは挑戦し続けること!!歳を重ねると守るべきものがたくさん増え、挑戦するのにも勇気がいるようになってきますが、みなさんも一緒にチャレンジしていきましょう。迷っても、挫けても大丈夫!!みなさんには大切な仲間がいますから!!!

 私のコーチを勤めたAlとDanに感謝。そしてこのようなチャンスを私に下さったUSオリンピックトレーニングセンターの仲間にありがとう。最後に今回、私に関わって下さったすべての人、サンディエゴ、USA、にありがとう。皆様にも幸せが訪れますように。そしてまたどこかで会えますように。このスペシャルな人生の途中で・・・。
special thanks
トレーニング写真
トレーニングセンター写真
 
   
 
ページトップへ戻る ヘルスエンジェルスについて 活動報告 ビーナス・レポート
 
ホーム新着情報チーム紹介活動報告スケジュール | ビーナス・レポート | ギャラリー代表挨拶
copyright